民間の高齢者施設にかかるお金

車椅子の男性と介護師

有料老人ホームをはじめとする民間の高齢者施設は、介護保険施設と比較すると、料金体系が複雑になっているので、内容を含めて慎重に判断する必要があると思います。

概して、民間施設は、介護保険施設に比べると、入居者の費用負担は大きくなりがちです。以下、代表的な高齢者施設にかかる費用についてお伝えしますので参考にしてください。

 

スポンサードリンク


 

有料老人ホームでかかる費用

一般的に、有料老人ホームでは入居一時金が必要なケースが多く、そのことが料金体系を複雑なものにしていることは否めません。

入居一時金とは、ざっくり言うと、一定期間の居住費の前払いで、金額設定は施設によってさまざま、中には入居者の年齢によって金額設定を分けているところもあります。

車いす

入居一時金が不要なところもありますが、そうなると当然、月々の料金が高くなります。

居住費については、一般的な住宅と同様に、立地条件などによって金額の差がありますし、食費は、介護保険施設に比べると高めのところが多いと思います。

介護付き有料老人ホームでは、介護保険を利用して施設の職員から介護サービスを受けることができますが、法定の基準より手厚い人員配置になっている施設では、上乗せ介護サービス費という別途料金がかかります。

 

また、介護保険における「自立」に該当する人が入居すると、提供されるサービスが介護保険でカバーされないので、自立支援費などの名目の介護費が発生することもあります。

さらに、入浴回数を増やしたり病院の付き添い、買い物など定められた以上のサービスを利用すると、オプション料金が発生します。もちろん、理美容代や買い物代の実費が別途必要なことはいうまでもありません。

加えて、介護保険施設にはない管理費という項目もあります。

有料老人ホームの管理費には、ー般的な賃貸住宅の共用部分の維持・管理費用だけでなく、事務やサービス提供のための人件費まで含まれています。

高級なホームでは、管理費だけで1ヶ月20万円超のところも珍しくないので、老人ホームを探す際には、かかる費用をトータルで確認することが大切です。

 


スポンサードリンク



 

サービス付高齢者住宅(通称:サ高住)でかかる費用

サ高住の多くは一般的な賃貸住宅と似た料金体系で、立地などの条件によって金額には違いがあります。

ただし、事業者が入居者から受け取ることができる金銭は、敷金、家賃、サービスの対価のみで、権利金、礼金、更新料の徴収は禁止されています。

原則的に、支払い方法は月払い方式ですが、一部には入居一時金方式を選べる施設もあります。

サ高住には必ず、生活相談と見守りサービスが付帯していますが、その他に提供されるサービスについては個別対応となるため、かかる料金も異なります。

また、大半のサ高住では食事の提供も行っているので、利用すれば当然、食費も支払うことになります。

さらに、個別契約で居室の掃除や病院への付き添いなどのオプションを用意しているところもあります。

サ高住には、特定施設に指定されている、いない両タイプの施設があり、特定施設に指定されている介護型のサ高住は、入居一時金は不要ですが、介護費などの考え方は有料老人ホームとほぼ同じです。

特定施設以外では介護は付帯していないので、介護費用については(保険内なら1割または2割負担)個々に契約した介護事業者に支払います。

つまり、特定施設の指定を受けているところでは、施設職員から24時間体制で介護サービスが受けられますが、ー般的なサ高住では、頼んだ時間のみケアがなされることです。

このあたりの違いを理解しておかないと、入居してから「何もしてくれない」という不満が生じたり、料金が高騰するという問題を抱えることになりかねません。

提供されるサービスの内容は物件によって千差万別なので、入居にあたっては、特定施設の指定の有無はもちろん、生活支援サービスの料金や内容、オプションなどを確認して、慎重に検討してください。

 


スポンサードリンク



 

小規模多機能型居宅介護施設(通称:小規模多機能)でかかる費用

小規模多機能は、所在する自治体に住民票がある人だけが利用できる、介護保険の地域密着型サービスです。

利用料金は介護度ごとに月ごとの定額制になっているので、何回サービスを利用しても金額が増えることはありません。

小規模多機能型居宅介護施設の料金(1割負担の場合)

介護度 1割負担額/月
要支援1 3,403円
要支援2 6,877円
要介護1 10,320円
要介護2 15,167円
要介護3 22,062円
要介護4 24,350円
要介護5 26,849円

※月額は30日で計算。介護報酬は2015年8月1日時点のもの。

たとえば、毎日サービスを利用しても1週間に1回利用しても、介護にかかる費用は上の表の通り、介護保険の1割(または2割)負担のみで変わりません。

ただし、食事代やおむつ代その他日常生活にかかる費用、宿泊費などが別途必要で、介護サービス以外にかかる費用は施設ごとに金額に違いがあるため、事前に確認してください。

小規模多機能では、自宅に暮らしながら、あるいは住宅型施設で生活しながら、定額で必要なサービスを必要な時間に利用でき、緊急時にも臨機応変に対応してもらえるという面ではメリットが大きいといえますが、その一方で、定額性なので、サービスをあまり利用しない場合には割高感があるかもしれません。

中には、有料老人ホームやサ高住などの住宅型施設に小規模多機能が併設しているところもあり、そうしたところでは、介護にかかる料金がもう少し安く設定されていることもあるので、事前に確認してください。

 

スポンサードリンク


 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*