老人ホームの見学で見落としてはいけないこと

四葉のクローバー

老人ホームを見学にいくと、どうしても直接的なポイントだけに目を奪われがちですが、視野を広くもつことが大切です。

通常、見学にいくと施設側で案内をしてくれますが、案内されるまま漠然と見学するだけでは、せっかく足をはこんだ苦労が台無しになりかねません。

 

スポンサードリンク


 

ポイントを絞り込んでチェックする

たとえば、居室の見学です。

施設見学に行くと、空いている居室や、空室がないところでは入居者の居室を、個室、相部屋と案内してくれますが、そのときに見るべきポイントは、部屋の広さや設備だけではありません。

個室はともかく相部屋(多床室)は、カーテンによって仕切られているところが一般的ですが、中には簡易壁や間仕切り家具などでスペースを区切ってプライバシーを保てるように配慮している施設もあります。

また、これは個室、相部屋に関わらず、窓からの見晴らしや緊急通報装置やセンサーの有無、さらには、もし居室がコンパクトな場合には、入居者が日中くつろげるリビングのような空間があるかどうかも確認しましょう。

 

高齢者施設の内部

それから、居室の内部だけでなく、食堂や浴室までの動線もチェックポイントです。

1人で移動できるうちは問題ないかもしれませんが、もし、移動サポートが必要になると、住宅型の施設などでは介助にオプション料金が発生するところもあるので要注意です。

入浴に関しても、自分で入れる場合は、毎日でも入れるのか、あるいは制限があるのか聞いてみましょう。

居室、共用部のチェックポイント

  • 居室の間取りや広さ、収納スぺース
  • 家電や家具の持ち込みは可能か、可能ならばそのサイズ(メジャーを持参して測っておく)
  • トイレや洗面スぺースへの動線
  • 食堂、大浴場などの共有スべースへの動線
  • 居室以外に、くつろいだり楽しんだりできる共有スぺースはあるか
  • 多床室(相部屋)のプライバシーが保たれているか
  • 備品は絶えず補充されているか
  • 窓からの景色

 


スポンサードリンク



 

周辺環境のチェックも忘れずに!

それから、見学するのは施設本体だけではなく、できれば時間に余裕を持って出向き、周辺の環境までチェックしたいところです。

内閣府の調査統計で下記のような結果がでていることからもわかるように、周辺地域の環境は高齢者の生活に大きな影響を及ぼします。

高齢者の生活で不便な点の統計

自由に外出できる施設なら、スーパーやコンビニが近くにあれば買い物に便利ですし、公園や遊歩道などが整備されている地域ならば、散歩を楽しむこともできるでしょう。

仮に、パンフレットには閑静な住宅街と書かれていたとしても実情は、あまりに辺ぴで不便とか、自然豊かだけれど周囲に何もないとか、良し悪しは別にして実際に見ないとわからないことがあるので、ぜひ確認してください。

また、施設関連の病院などが周囲にあるなら、その様子ものぞいてみましょう。目当ての施設を見学した後に、「あちらも見せてもらえますか」とお願いすれば案内してもらえるはずです。

さらには、施設までの交通機関にも注目です。

都市部にある施設はともかく、地方によっては、公共バスが1時間に1本、中には日に1、2本しがないところもありますし、タクシー利用となると、費用もかさみます。

マイカー利用の場合なら、十分な駐車スぺースがあるかなど、入居者本人は暮らす場所として、家族や親戚など周りの人々はたびたび通う場所として、それぞれの視点でチェックすることが大切です。

施設周辺のチェックポイント

  • コンビニやスーパーなどの商業施設の有無
  • 散歩に適する公園や道路の様子
  • 周辺の交通事情、もしくは自宅や最寄り駅からの交通手段
  • 訪問者用の駐車スぺースは確保されているか
  • 近隣に関連する病院や施設があるか
  • 鉄道や飛行機など、騒音となるものはないか

いざ入居してみたら周囲の環境に不満を抱いてしまうことがないように、施設本体はもちろん周辺状況の事前確認も忘れずに行ってください。

 

スポンサードリンク


 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*