高齢者施設のサービス内容を確認

車いすでケアを受ける男性

特別養護老人ホーム・老人保健施設・介護療養型医療施設・介護付き有料老人ホーム・介護型サービス付き高齢者向け住宅・グループホーム・ケアハウス(特定施設)・小規模多機能型居宅などの介護型施設では、原則として施設所属のケアマネージャーにケアプランを作成してもらい、施設職員から介護サービスを受けます。

一方、住宅型有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・ケアハウスなどの住宅型施設では、外部の居宅介護支援事業所と契約し、そちらのケアマネにケアプランを作成してもらうことになります。

 

ただ在宅型の施設の中には、同一敷地内に系列の介護サービスあるいは訪問介護、デイサービスの事業所を併設しており、そちらに所属するケアマネージャーが入居相談に対応したり、施設内を案内してくれることもあります。

そういったケースでは、入居を希望している施設のケアマネと勘違いしてしまうこともあるので、差し出された名刺などでしっかりと確認しましょう。

 

スポンサードリンク


 

便利・安心?それとも囲い込み?

身近にケアマネジャーがいるということは、確かに安心感につながるかもしれませんが、うがった見方をすると、施設側には系列での入居者の囲い込みという意図があるかもしれない、ということも少しだけ意識しておいてください。

もちろん、身近な事業所のサービスを利用すること自体が悪いというわけではありません。

ただ、本来はどこの事業所のサービスを利用してもよいにもかかわらず、他の事業所との比較なしに、ただ「同一敷地内にある」という理由だけで選んでしまっては、一切の競争原理が働かなくなり、言い方は悪いですが、営利目的で不必要なサービスまで供給されてしまうという問題もおきかねないのです。

実際、厚生労働省から「入居者のサービス選択自己決定権を妨げてはいけない」という指針が出されていますが、これは「囲い込み」が現実に横行しているからこそアナウンスされているに他なりません。

また、住宅型施設の中には小規模多機能を併設しているところもあります。

住宅型の施設の一番の特徴は「自由」ですが、その一方で「介護が手薄」とか「要介護度が高くなったときに費用が膨れ上がる」などの心配があります。

そういったときに、敷地内の小規模多機能を利用すれば、心配の種を取り除くことができるでしょう。

ただし、小規模多機能を利用すると、たとえそれまで相性がよかったサービスであっても、他の訪問介護やデイサービスは利用できなくなってしまうというデメリットもあります。

以上は決して、系列が悪いとか外部事業者がよい、とかいうことではなく、将来、入居者の心身の状況が変化したときに「どのように対応するか、してもらえるか」を考えておかなければいけないということ、つまり、入居施設見学や検討の際には、系列施設のサービス内容や入居者との関係性についても説明を受けて、確認しておく必要があるということです。

 


スポンサードリンク



 

外出、面会について

介護型の施設では、遠近問わず、入居者が1人で外出することを認めていないところが多いです。

理由は単純で、事故などの危険が伴うためです。

付き添いがいれば問題ないのですが、現実的には施設職員も忙しいので、マンツーマンで付き添うことは容易ではないでしょう。

買い物については基本的に、施設で代行してくれたり、出張販売でまかなうことになります。

一方で、自立型の施設では、行き先や帰宅予定時刻を聞かれるなどの条件はありますが、外出が認められています。

なので、入居予定者の状況に応じて、外出可or外出禁止の施設を選択するのがよいでしょう。

外泊については、外出許可を取得した上で家族が送迎することで可能としているところがほとんどです。

家族の面会については、面会時間を設定しているところと24時間可能なところがあります。

一概には言えませんが、主に元気な高齢者が暮らす住宅型は自由度が高く、介護型はルールのあるところが多いといえるでしょう。

そのほか、家族が施設に宿泊することを認めているところもあります。

たとえば、住宅型施設で親の居室に泊まることができたり、大型施設で専用のゲストルームに有料で宿泊できたりと、施設によって違いがあるので、そのあたりも見学時にルールを確認してください。

外出と面会に関するチェックポイント

  • 外出許可が必要か
  • 入居者1人での外出を認めているか
  • 家族との面会時間は決められているか
  • 家族の宿泊を認めているか
  • 家族のためのゲストルームは用意されているか

 

参考までに、認知症の高齢者を受け入れている施設では、徘徊防止を目的として、扉を施錠したり自動ドアの電源を切っているところがあります。

ただ最近は、施錠などの行動制限は「虐待」だという意見もあり、夜間限定などできるだけ施錠する時間帯を減らす施設も増えています。

また、施錠はせずにセンサーで徘徊を察知・防止しているところもあります。

そのほか、睡眠薬や安定剤などでコントロールする施設もあり、対策はさまざまです。

徘徊して事故に遭遇するリスクを考えると悩ましい課題ですが、その防止策はさまざまなので、見学の際には合わせて、施設としての方針を聞くようにするとよいでしょう。

 

スポンサードリンク


 

施設内での活動

多くの高齢者施設では、施設ごとに、入居者が楽しめるようにレクリエーションの時間を設定したり、年間を通して四季折々のイベントが企画されたりします。

日々のレクリエーションとしては、合唱やしりとり、連想ゲームなど脳を活性化させるコトや体操、輪投げ、風船バレーボール、カラオケ、ダンスなど体を動かすコトが行われています。

年間を通しても、新年会、節分、ひなまつり、お花見、七夕、納涼祭、敬老会、紅葉祭り、クリスマス会など趣向をこらした企画がなされています。

※いずれも一例です。

一般的に、住宅型より介護型の方が催しが盛んです。

さらに、比較的元気な入居者が多い住宅型では自由参加のところが多い反面、介護型では原則参加としているところが多いです。

これは、日中、活発に行動することで、昼夜逆転を予防して規則正しい生活を送るためにも効果があるからでしょう。

ただし、人付き合いが苦手な入居者の場合には、馴染みにくい面があるかもしれないので、どのようにアプローチすべきか職員に聞いてみるとよいでしょう。

最初は馴染めなくても、四季折々のイベントは生活のメリハリになりますし、参加している内に仲間も増えて、数ヶ月後には笑顔になっているケースもあります。

また、施設にもよりますが、敬老会やクリスマス会には家族を招待しているところが多いです。

そういった場合には、家族が来るのと来ないのとでは当然、入居者本人のモチべーションが違いますし、日常を垣間見るよい機会なので、できるだけ参加しましょう。

 


スポンサードリンク



 

要介護度がアップしても大丈夫?

入居当初は自立や介護度が低くても、入居中に要介護度が重くなった場合に、当初の居室に住み続けることができるのか否かは気がかりなポイントです。

施設によっては、重度要介護者専用の居室を設けているところもあり、そういうところでは移動を促されることがあります。

あるいは、同系列の介護型施設への住み替えを勧められるケースもあるようです。

いずれにしても、住み替えは簡単なことではないので、心身の状況の変化に応じた居室の移動の可能性の有無は、必ず入居前に確認してください。(当然、入居契約書にも記載されています。)

もっとも、移動になる場合でも、「有無を言わせず」ということはありません。

入居者が自室での生活が困難になった場合には、通常は下記のような手続きがとられます。

  1. 主治医(あるいは事業者指定の医師)の意見を聞く
  2. 入居者の意思を確認する
  3. 保証人(身元引受人)などの同意を得る
  4. 一定の観察期間を設ける

以上を踏まえて、住み替えの判断をすることになります。

※もちろん、入居者(もしくは家族)が自ら希望して住み替えるケースもあります。

もし、住み替えの可能性がある施設を選ぶ場合は、入居前に介護用の居室も見学しておきましょう。

そして、費用調整や追加費用の発生の有無についても確認してください。

 


スポンサードリンク



 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*